株式会社 三創のブログ

DER補助金、蓄電池導入にご利用いただけます

🎥YouTubeに新動画を公開いたしました。📺

 

 サイトのDER補助金ページでもお知らせしておりましたが、現在ニチコン様からのV2H供給がストップ、「次の受注は令和5年2月以降」とご連絡もいただいております。

DER補助金の「コンソーシアム枠」は8月31日に受付終了となり、期限の過ぎた予算は回収されてしまうとのことです。

 

 蓄電池導入については、DER補助金従来の「設備枠」は早期に予算が消化してしまいましたが、いま現在は本体供給もあり、予算も残っている状態です。

蓄電池導入を考えている方に、DER補助金活用をお勧めいたします。


蓄電池の「目標価格」と「補助金額」

蓄電池導入にDER補助金を活用する場合、蓄電池の「販売目標価格」が設定されています。

蓄電池システム本体(設備費)と工事費をあわせて、蓄電池容量1kWhあたり15.5万円以内にする必要があり、

ニチコン蓄電池「ESS-U4M1」(希望小売価格3,700,000円、税・工事費別)を例にしますと

➡️目標価格は[15.5万円/kWh×11.1kWh=1,720,500円(税別)]

 

補助金は補助率3分の1・補助金上限額は蓄電池の初期実効容量1kWhあたり3.7万円に設定されています。

同じく「ESS-U4M1」の場合、

価格の3分の1(1,720,500÷3=573,500)>上限額(初期実効容量9.7kWh×3.7kWh=347,800)で

➡️補助金は[347,800円] となります。

 

蓄電池導入をご検討中のお客様には、お得に導入いただけるこの機会がたいへんおすすめです。

工事費につきましては現地調査の上お見積もりを作成いたしますので、どうぞご相談ください。

👉お問い合わせはこちらから

続きを読む

令和4年度DER補助金「補助対象と予算状況」さらに新情報!

「C事業・補助対象機種と予算状況」、続々更新されています


「Sii」サイトの「令和4年度DERアグリゲーション」カテゴリーの更新が続いています。

6月1日(水)に申請受付開始、6月2日に蓄電池の予算消化→申請受付終了となっていましたが、

6月 21日(火)、公募要領が3.0稿に更新され、

 「C事業 設備ごとの予算枠の公募期間」(〜8月31日(水)23:59)

 「C事業 コンソーシアム枠」について公表(予算枠公募 7月5日(火)10:00 〜8月31日(水)23:59)

が公表されました。

 

「予算が無くなって申請できなかった「蓄電池」の補助金が、もう一度申請できそう」ということです。

*(追記)V2Hにつきましては、入荷困難のため三創での今年度受付は終了しております。大変申し訳ありません。


補助対象になる施設と、補助率については以前から公表されていたのですが、

続きを読む

EVライフマイスター、「タピ大」2回目の講師を務めました!

日時:タピ大6月15日(水)19:00~20:00
会場:泉パークタウン タピオ 南館1Fパークタウンスタイル
内容:「電気自動車と太陽光発電のフル活用術」プラス「補助金のご紹介」

「電気自動車と太陽光発電のフル活用術」プラス「補助金のご紹介」でお話させていただきました。

タピ大運営の皆様、お聞き下さった受講者の皆様、ありがとうございました。

「タピ大」公式サイトのレポートページにまとめが掲載されましたら、そちらもぜひご覧ください。

続きを読む

令和4年度DER補助金 今年の指定IoTは「すぐれモノ」です!

令和4年度の「指定IOT機器」は「すぐれモノ」です!

 

令和4年度の「DER補助金」申請に必要なIoT機器、指定機種が発表されました。

三創の取扱機種も2機種に決定し、お客様の設備取り付け状況にあわせて機種選びをしております。

今年の指定機種は「すぐれモノ」。

昨年度はできなかった、スマホからの操作や電気利用の「見える化」が指定IoTと専用アプリを使ってできるようになりました


続きを読む

令和4年度は個人でパワー・ムーバーの補助金が申請可能!【CEV補助金】

CEV補助金の申請受付は導入するものによって受付開始が異なり、V2L(外部給電器)については受付が開始していますが、V2H放充電設備についてはまだ開始していません。

詳しい情報は受付開始時に公開されるとのことで、現在公開されているのは経済産業省と、執行団体である一般社団法人 次世代自動車振興センター(NeV)の説明ページで、いずれにも「受付開始日」や「補助対象の機種(メーカー型番など)」、そのほか申請可能な要件の細目はまだ公開されていません。

 

ですが、現時点でも令和4年度のCEV補助金は令和3年の補助金と大きく違うことがわかります。

 

キーワードは、「個人も申請可能」



続きを読む

「隣の公園に電話ができたってね」「ふぉーん?」

くるしい…(ダジャレが)

 

三創のお隣は「きただ公園」という公園なんですが、

 

(Google地図では公園の名前より小さい縮尺で「公衆トイレ」が表示されてます。もっと拡大すると「きただ公園」の名前が出ます)

 

この公衆トイレの傍に「公衆電話」ができました。


一時期どんどん減っていた公衆電話、数が回復してきているのかな、と思ったのですが、全体の数は今でも減り続けているのだそうです。代わりに「災害用電話」というのが増えているそうですが……

「災害用電話」について調べてみたら、仙台で設置されている場所はまだ小学校と中学校(+数箇所ぐらい)、一箇所だいたい3台ずつという感じなので、こうして身近に普通の公衆電話が設置されるとありがたいです。



EVライフマイスター、「タピ大」講義2回目。6月15日です!

「今年度の「太陽光の電気」自家消費啓発は何をしようかな、お借りできる会場は……、」

と思っていましたところ…

fmいずみ様よりご連絡(6月のタピ大講師担当)の打診をいただきました。

早速「ぜひ、やらせてください」とお返事し、調整の結果

6月15日(水)19:00〜20:00

となりました。

(タピ大」の詳細については「タピ大」公式サイトに)

2月の講義には「うちエコ診断士」として臨みましたが、

 今回は「EVライフマイスター」がメインです。

 

タイトルは

「電気自動車と太陽光発電のフル活用術」

プラス「補助金のご紹介」

 

 

 EVライフマイスター・三品家の、

太陽光発電と電気自動車の経験談と、

補助金情報なども交えて

聞いて下さった方にも「お得に」なっていただける

お話をしたいです。

 

また、予告動画や報告動画も制作予定です。

ご参加と視聴よろしくお願いいたします!

 

(画像は2月のタピ大会場です)



宮城スマエネ補助金@R4・公開!

宮城県公式サイト内「令和4年度スマートエネルギー住宅普及促進事業補助金について」

のページが5月9日に更新され、令和4年度のCO2削減・災害対策設備で宮城県に申請できる補助金の

情報が公開されました。

 

令和4年度も、V2H対象の補助金は「6万円」とのことです。

 

全体の補助メニューと補助金額は下のとおり

補助対象設備等 補助額・率
(1)太陽光発電システム

4万円/件

(2)地中熱ヒートポンプシステム 補助対象経費の1/5(上限50万円)
(3)蓄電池 6万円/件
(4)V2H(住宅用外部給電機器) 6万円/件
(5)家庭用燃料電池(エネファーム) 10万円/件
(6)既存住宅省エネルギー改修 改修部位・範囲により2千円~10万円
(7)みやぎゼロエネルギー住宅 ※新メニュー 40万円/件
続きを読む

お急ぎください!補助金申請に絶対必要な《確定お見積もり》

 V2Hが対象で個人でも申請でき、新車車両購入が前提ではない「DER補助金」ですが、令和3年度の申請受付は8月18日に終了してしまいました。当初の予定12月より大幅に早まった原因は「予算消化」。V2H対象の申請受付は蓄電池に比べ始まるのが遅く、受付期間わずか1週間の“狭き門”となりました。

 

 DER補助金の前提になる「DER実証実験」の前身、「VPP実証実験」が3ヶ年計画であったことから考えて、令和4年も同様の補助金が予想されます。

 補助金が出る場合にも、

 ・前回同様に、申請受付期間が短期間になる可能性が高い

 ・申請につかう具体的な情報を早い段階で揃える必要がある

ということから、補助金を活用した設備導入をお考えのお客様には「早い段階でのご準備」をお勧めいたします。現在既に複数のお客様が申請準備を始められ、三創もお手伝いさせて頂いております。

三創サイトの「DER補助金」のご案内ページに、補助金活用の流れを掲載しております。実際にV2Hの設置をする場合には、お客様には手続きの流れと過去事例での日程、確認事項のシートをお渡しして、申請の準備を開始しております。

確認事項の例として

 ・申請はパソコンから入力 ※確定した見積もり金額が必須

などがあり、実際のお手伝いの場面ではさらに詳しくお話をいたします。

シートの実際の内容や、ご案内しております内容につきましては、どうぞお問い合わせページをご利用くださいませ。


続きを読む

[施工事例]V2H設置工事 I様邸

先日完了いたしましたV2H設置工事につきまして、お客様に掲載の承諾をいただけました。

I様、ありがとうございます。

I様 邸 V2H設置工事

施工完了 2021年10月
地域  仙台市宮城野区
内容 V2H設置工事
   

◉ニチコンEVパワー・ステーション

プレミアムモデル(VCG-666CN7)

◉DER実証実験補助金 申請

◉宮城県スマートエネルギー住宅普及促進事業

補助金 申請中



「EV充電ステーションマップ」に登録しています

「GOGO EV EV充電ステーション」に登録し、充電スポットとしてご利用いただけるようになって2年になりました。

("GOGO EV"内の三創のページはこちら👉 https://ev.gogo.gs/detail/1zqqrqsi )

 あらためて、検索〜充電の流れをご案内します。

 ①  GoGo EVの検索で場所を調べていただいて、

 ② 三創事務所に到着されましたら、

 ③ 事務所までお声がけください。

 ④ 三菱SMART V2Hの充電器(中速)から、30分間まで充電をご利用いただけます。(無料)

 

三創充電スポットは有人スポットです。営業日(平日)は大体社員がおりますが、稀に出払ってしまう場合がございますので予め電話確認頂けますと確実です。(➿ 0120-180-185

2年半の間に色々なお客様のご訪問をいただきました。

 🚙 全面デジタルカモフラージュの外国車の方(本当は写真を載せたり詳しく書いたりしたいのですが…撮影も記載もダメ!とのことです。それはそうですね…)

 🚙 EVだけでなく、PHV(トヨタ プリウス)のお客様も来店されました。もちろん充電可能です。

 🚙 三菱 アウトランダーPHEVのお客様が「ご近所さん」と判明して驚いた、ということがありました。

 

Chademoのダジャレではないのですが、充電中は事務所でお茶休憩も可能です。

事務所に当社「うちエコ診断士」が在室の場合、各ご家庭にマッチした省エネポイントがわかる「うちエコ診断」簡易版受診もできますので、どうぞお問い合わせください。

続きを読む

JAFチャンネルの「雪の立ち往生」対策

電欠ガス欠に、突然のパンクや脱輪に、クルマの困りごとのお助けサービス「JAF」。

このJAFのサイトと機関紙"JAF Mate"のコーナーのひとつ「実証実験『JAFユーザーテスト』」が毎回面白く、

ちょっとした疑問、「誰かやってみてくれないかなぁ」といったことを色々と実験してくれています。

 

最近見た記事で、是非ご紹介したかったのがこれです。

「大雪のため立ち往生したEVの車内で過ごすには?」

 

去年(2020年)の12月に起こった関越自動車道での立ち往生、2000台以上が2日間巻き込まれて、衝撃でしたね。

ガソリン車やハイブリッド車はエンジンの熱で暖がとれますが、電気自動車で寒さをしのぐにはどうすればいいか。

 

"JAF Mate"2021年12月号(34,35ページ)と、JAFサイト内の実験検証ページ「JAFユーザーテスト」に記事があります。

サイトの方だと「雪/凍結」カテゴリー内の、タイトルは大雪による車の立ち往生〜危険性と防寒対策を検証〜です。

YouTubeで検証動画も見られます。

続きを読む

ご存じですか?東京都のV2L助成金

今年2021年に発売された、ニチコン「パワー・ムーバー ライト」は定価450,000円(税別)。

三創でご購入の場合は、本体440,000+税44,000=484,000円(税込)となります。

 

都内在住の方限定ですが、この「パワー・ムーバー ライト」購入時に

東京都に申請できる助成金額がなんと、「本体価格の2分の1」なんです。

 

三創から購入の場合は220,000円 という、他地域に無い高額の助成金です。


「パワー・ムーバー ライト」補助金と販売価格

続きを読む

「V2HもDER補助金対象って、本当なの?」


令和4年度(2022年度)DER補助金についての記事はこちら

➡️ 「令和4年度DER補助金 今年の指定IoTは「すぐれモノ」です!」

令和4年度もV2HはDER補助金の対象になっています。

予算状況などについては後半(IoT機器紹介の次)でご紹介しております。

※令和4年6月10日現在、DER補助金はV2Hは申請受付中、太陽光発電と蓄電池は受付終了


令和4年度のDER補助金に向け、複数のお客様が令和3年より事前準備をされました。

メインサイト内に、DER補助金申請についてのページを新設いたしました。

【👉DER補助金のご案内


続きを読む

宮城スマエネ補助金@R3・公開!

正式名称は「令和3年度スマートエネルギー普及促進事業補助金」です。

4月21日に宮城県の公式サイト内で、今年の補助金について発表されました。

(※既に令和3年度分は終了し、リンク先の公式サイトにも終了告知が出ています)

 

気になる(なっていました)V2H対象の補助金は「6万円」とのことです。

 

補助対象設備ごとの金額は……

補助対象設備等 補助額・率
(1)太陽光発電システム

 通常型:4万円/件

ZEH型:8万円/件

(2)地中熱ヒートポンプシステム 補助対象経費の1/5(上限50万円)
(3)蓄電池 6万円/件
(4)V2H(住宅用外部給電機器) 6万円/件
(5)家庭用燃料電池(エネファーム) 12万円/件
(6)既存住宅省エネルギー改修 改修部位・範囲により2千円~10万円/箇所

気をつけないといけないのは、

「補助金を受け取りたい設備の契約・設置・引き渡しなどの時期によって、申し込み受付期間が変わる」

ということです。また、受付期間は2週間と短いことです。申請には前もって準備が必要です。

続きを読む

[施工事例]V2H設置工事 H様邸

先日完了いたしましたV2H設置工事につきまして、お客様に掲載の承諾をいただけました。

また、ご感想をお聞きした際の動画公開についても承諾をいただけました。

H様、ありがとうございます。

H様 邸 V2H設置工事

施工完了 2020年12月
地域  仙台市宮城野区
内容 V2H設置工事
   

◉ ニチコンEVパワー・ステーション

 プレミアムモデル(VCG-666CN7)

◉ VPP実証実験補助金 申請

◉ 宮城県スマートエネルギー住宅普及促進事業補助金 申請

《備考》

◉ V2H設置工事と一緒に、太陽光発電システム(長州産業)の工事もされました。

◉ 動画での紹介に御承諾を頂き、訪問インタビューをさせていただきました。


続きを読む

[施工事例]太陽光発電システム工事 H様邸

先日完了いたしました太陽光発電システム工事につきまして、お客様に掲載の承諾をいただけました。

H様、ありがとうございます。

H様 邸 太陽光発電システム工事

施工完了 2020年12月
地域  仙台市宮城野区
内容 太陽光発電システム工事
   

◉ 長州産業  6.16kW

◉ 宮城県スマートエネルギー住宅普及及促進事業補助金 申請

《備考》

◉ 太陽光発電の工事と一緒に、V2H(ニチコンEVパワー・ステーション)も設置されました。

◉ 動画での紹介に御承諾を頂き、訪問インタビューをさせていただきました。



[施工事例]蓄電池設置 M様邸

先日完了いたしました蓄電池設置工事につきまして、お客様に掲載の承諾をいただけました。

M様、ありがとうございます。

M様 邸 蓄電池設置

施工完了 2020年12月
地域  亘理郡山元町
内容 蓄電池設置工事
   

◉ 長州産業

 フレキシブル蓄電システム 6.5kW

◉ 宮城県スマートエネルギー住宅普及促進事業補助金 申請

《備考》

◉ 太陽光発電の売電価格が下がるのに伴い、「自家消費」を考えて蓄電池を設置されました。

津波被害地域であることを考慮し「蓄電池の設置場所は棚の上に」とご希望されました。



[施工事例]リフォーム(塗装)工事 K様邸

先日完了いたしましたリフォームの工事につきまして、お客様に掲載の承諾をいただけました。

K様、ありがとうございます。

K様 邸 リフォーム(塗装)

施工完了 2020年7月
地域  仙台市太白区
内容 塗装工事
   

◉ 屋根・外壁 塗装工事

 

《備考》

◉ 「外壁の色は、イメージを変えたい」とのご希望がありました。

◉ 6色のお試し塗りをして、ゆっくり選んでいただくことにしました。

◉ 動画での紹介に御承諾を頂けました。後日訪問させていただき、完成写真とご感想を頂く予定です。



伊達武将隊、取材のためご来店

"せんだいE-Action"

 

 Action!

3E(省エネ・創エネ・蓄エネ)啓発プロジェクト「せんだいE-Action」の撮影チームが1022日にご来店!

 

【→115日、YouTubeチャンネル「せんだいTube」の動画として公開されました。】

 

#せんだいE #伊達武将隊

『株式会社三創の取り組み

・太陽光発電と電気自動車でエコな暮らし!』

https://youtu.be/N8dUMt_2y7M

続きを読む

「脱炭素チャレンジカップ2020」発表&動画公開です!

2020年2月19日、文京区本郷・東京大学構内の「伊藤謝恩ホール」で、「脱炭素チャレンジカップ2020・ファイナリストによる発表会が開催されました。

 

三創もファイナリストとして、EVマイスター三品茂子&エコスタッフによる発表チームがプレゼンテーションに行ってまいりました。

応募183団体の中から、ファイナリスト28団体の1つとして選んでいただき懸命に練習して発表しました!

結果、「優秀賞」(ファイナリストプレゼンテーションの参加賞…ですね😅 )をいただきました。

 

司会の方から「全身全霊での発表」とコメントも頂けて、「小さなエコから大きなエコまで」「実践・体験」「普及活動へ」の取り組みに、興味を持っていただけたのではと思います。

 

ご報告の動画がこちら。YouTubeチャンネル内に、ノーカットバージョンもあります。

【追記】

早いもので、2021年2月9日に開催される(今年はオンライン開催!)「脱炭素チャレンジカップ2021」の参加団体も確定、ファイナリスト発表を待つ段階のようですね。「2020」全ファイナリスト紹介動画も公表されていました。

もちろん三創も紹介されています。(3:46~3:54ぐらい)

続きを読む

“ニチコンパワー・ムーバー” 当社販売開始です

 電気自動車などの電気を取り出して、電気機器に供給するV2L(Vehicle to Load)システム、『パワー・ムーバー』こと「ニチコン EVパワー・ステーション『パワー・ムーバー』」、当社販売開始のご案内です。

 

(株)三創でも、『パワー・ムーバー』のお取り扱いを始めました。

 

V2Lの実演展示は、乗り比べ体験会などで何度か実施しておりました。


続きを読む

ニュース「吉野彰氏ほか、ノーベル化学賞受賞」

 きょう(令和元年10月10日)河北新報オンラインにも、「吉野彰氏にノーベル化学賞 リチウムイオン電池開発、旭化成」のニュースが上がっていました。

 リチウムイオン電池の開発の功績者として、「現在の情報化社会を支えるほか地球温暖化の解決にもつながる成果」と讃えられました。

 記者会見の様子が詳しくわかるロングバージョンの動画はこちら↓

続きを読む

V2Hの個別説明会@イベント会場

 9月7日(土)、V2Hをご検討中のお客様とメーカー担当者様の個別相談の席を設定させていただきました。

 

 去る9月6・7日に夢メッセみやぎで開催された商品展示イベントに出展中のニチコン(株)様のブース内で、「ニチコン EVパワーステーション」の個別商品説明会を実施しました。メーカー様にお客様の疑問やご希望を聞いていただき、お客様には商品現物を見ながらメーカー様からの具体的で詳しい説明をその場で受けていただきました。

 

 太陽光電池で発電した電気の単価が下がる(定額買取期間が終了する)、いわゆる2019年問題をきっかけとして、「電気の自給自足をしたい」「電力会社からの購入電力量を抑えたい」「停電時の利用法を知りたい」というご希望への回答、スマートフォン非対応となっているパワーステーション・ベーシックモデルの表示や操作、エコ給湯の配線について、直接の会話で説明がなされました。

 

 メーカー様にも、「ベーシックモデルに長いケーブルの組み合わせが欲しい」といった、多くのお客様からの要望が直接届き、有意義な会合を設けることができたと思います。

 

 今後も、イベントの場を活用してメーカー様とお客様が生の声で情報交換できる会合を設定して参ります。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

HPのエコショップページ、引っ越しました

「三創ホームページ」のコンテンツ増加に伴い、「エコショップ」カテゴリーをコンテンツ移動いたしました。

 

「エコショップ」ホームページのURLはこちら

 👉 https://eco-sanso.jimdofree.com

 

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

なお、「うちエコ診断」のページにつきましては、本ホームページに引き続き掲載いたします。

【👉こちら】

「うちエコ診断」については、エコショップのホームページでもご案内しております。あわせてご覧いただければ幸いです。

【EVLマスター@ラジオ3】!本日オンエア!

先日12日(金)に収録した番組が、本日オンエアです!

放送局→ FM76.2
7/16(火)12:00~12:30
 再放送 17:00~17:30

お昼に聴けない or 聴きそびれた!というかたも、夕方の再放送を

どうぞよろしくお聴きくださいませ。

「V2H」って何???

はじめまして。「三創さんのホームページ」でいろいろとご紹介(のお手伝い)をしています。が、実は電気自動車未体験(乗車も充電も見学も)。

いろいろと教わりつつ、実感をもって皆様にお伝えできるようになりたいと思います。

きょうは、「これ何だろう…?」と思っていたモノと、「何のことだろう…?」と思っていた言葉がつながった!? というお話です。

 

つも、事務所に来るとこのあたりに車を置かせてもらってるんですが、ちょっとした疑問がありました。

ここのシャッターの前にあるでっかいハンペンみたいなやつって、何だ。

写真で屋根下の表示のほうが目立っていますが。

 

『 太陽光ソーラーパネルを設置しています

 

………。ここはわかります。


こっちからは見えないけど、こういうのが乗ってるんだ。たぶん。

 

問題はシャッター前の

これ

(今は保護を外してもらっていますが、いつもは銀色のカバーシートに覆われているのでさらに謎物体です)


続きを読む