ご存じですか?東京都のV2L補助金

今年2021年に発売された、ニチコン「パワー・ムーバー ライト」は定価450,000円(税別)。

三創でご購入の場合は、本体440,000+税44,000=484,000円(税込)となります。

 

都内在住の方限定ですが、この「パワー・ムーバー ライト」購入時に

東京都に申請できる補助金額がなんと、「本体価格の2分の1」なんです。

 

三創から購入の場合は220,000円 という、他地域に無い高額の補助金です。


「パワー・ムーバー ライト」補助金と販売価格

「電気自動車の普及促進事業(外部給電器)」

(クールネット東京/東京都温暖化防止活動推進センター)

上記ページによりますと、東京都内の法人・個人を対象に、

本体価格に対し補助率2分の1・限度40万円の補助金が支給されます。

 

いったんは三創に販売価格484,000円をお支払い頂くのではありますが、

申請が受理されますと本体価格の半分22万円が支給されますから、

ご負担は購入時の484,000円から、"484,000-220,000=264,000(円)に軽減されます(試算値)。

(定価販売の場合も、495,000-225,000=270,000となります(試算値))

 

大変おトクです。

この機にぜひ、緊急時への備えに、緊急時の操作練習を兼ねたレジャーに

外部給電器「ニチコン パワー・ムーバー ライト」をご検討くださいませ。


東京都以外の補助金

東京都以外でも、法人様は経済産業省の「CEV補助金」(補助率3分の1・限度50万円)が申請できます。

 

例えば三創でお買い上げ(価格:本体440,000円+税44,000円)の場合、

本体44万円の3分の1(約14万3千円)が審査後補助金として支給されます。

実質、484,000-143,000=352,000のご負担(試算値)。

(定価販売の場合、495,000-150,000=445,000のご負担(試算値))

自治体が独自に外部給電器対象の補助金を出している例は、他にもありますが

そうした自治体はあまり多くないようです。

支給額についても東京が断然スゴイといえます。

[参考]外部給電器を対象に補助金を出している自治体(判明しだい追加します)


◆ 神奈川県横須賀市

 法人および個人事業主 電気自動車対象の補助金に外部給電器同時購入で上乗せ

 

◆ 福岡県北九州市

 燃料電池車単独:25%/限度50万円/台

 外部給電器単独:10%/限度10万円/台

 同時: 燃料電池車:40%/限度75万円/台 外部給電器:25%/限度25万円/台

 

◆ 埼玉県戸田市 (令和3年分終了)

 可搬型外部給電器:5万円/台

 

◆ 宮城県  

 「燃料電池車※に使用するものであること」が条件(車検証提出)

 (※トヨタミライ、ホンダクラリティPHEV)

 可搬型外部給電器:6分の1/限度18万円)

 

[参考サイト/一般社団法人 次世代自動車振興センター「全国の補助事業」http://www.cev-pc.or.jp/local_supports/tokyo.html#area

三創では、「パワー・ムーバー ライト」の販売と地方発送をいたします。

三創販売価格は、[税込・送料込で、484,000円]となっております。

👉お問い合わせページはこちら


🎥 YouTube動画もぜひ、ご視聴ください

ニチコンの可搬型外部給電器(電気自動車などの電気を取り出して家電で使う"V2L")、「パワー・ムーバー」。今年発売された新機種「パワー・ムーバー ライト」の[▶︎操作体験動画]を先日YouTubeで公開いたしました。

 

先行機種「パワー・ムーバー」は

38kg、給電最大4500kW、定価650,000円(税別)。

新機種「パワー・ムーバー ライト」は

21kg、給電最大3000kW、定価450,000円(税別)。

 

スーツケースといえば空の旅でしょうか、旅客機普通席の無料手荷物は20kgまで。あと1kgというところまで軽量化しました。"ライト君"、惜しい。

(とはいえ精密機械なので、重さの問題だけではありませんが)

 運搬・操作しての実感ですが、軽いことはとても重要です。

 小規模な事業所の場合特に、女性だけで仕事や問題解決をすることも多く、いざ災害時に「重すぎて車から出せない!男性メンバーがいつ来れるかわからない…」では、宝の持ち腐れになりかねません。

 前回、従来機「パワー・ムーバー」の重量に苦戦したおばちゃんふたりが「ライト」ではどうなるのか。是非ご視聴ください。