V2Hのある暮らし

2019年11月20日以降、売電契約10年が終了する方へ

あなたの売電契約10年を過ぎたらどうしますか?

商品のご案内 V2H体験レポート 電気自動車乗り比べ体験会 太陽光発電パネル

価値ある未来の電気の道筋を一緒に見つけましょう!

信頼と実績のプロ「三創」がサポートいたします。

《「電気の自家消費」導入を検討中の方へ 》

事業計画認定の変更届(電子申請)が必要です。

V2Hの設置工事まで、手続き期間2〜3ヶ月を要し

今後この期間が混雑のため長期化することも考えられます。

ぜひお早めに、(株)三創にご相談ください。


三創は、FIT(固定価格買取制度)期間の10年を終えたお客様
電気自動車V2H(電気自動車の電気を家庭で使うシステム)
を活用した、電気の自給自足をオススメいたします!

EV・PV・系統の3つの電気を同時制御可能!

世界で初めて、電気自動車(EV)・太陽光発電システム(PV)・電力会社からの電気(系統)の3つの電気を同時制御。ライフスタイルに合わせた電気の使い方ができます。



SMART V2H 3つのメリット

Point1.エネルギーの自給自足の生活をサポート

太陽光発電システム(PV)でつくった電気も電気自動車(EV)にためることができます。

昼間にEVにためて、夜間に使用することで電気をできるだけ買わない生活を実現します。

Point2.電気代の安い時間にためて節約

電気代の安い夜間に電気をEVにためて、昼間に使うことで電気代を節約します。

電気のひっ迫期に買電を抑制することで、エネルギーのピークシフトにも貢献できます。

Point3.停電が起きても安心

停電してもEVにためた電気が生活をバックアップします。

太陽が照っていれば、停電中でもPVからEVへの再充電が可能なので、停電の場合でも安心です。

停電時用にあらかじめ使用する電化製品を特定しなくても、家庭内の通常コンセントでいつもと同じ電化製品が最大約6kWまで使用できます。


お問い合わせ

住所

〒983-0822

仙台市宮城野区燕沢東1丁目10番30号

株式会社 三創

TEL

022-388-1391(お申し込みはこちら)

フリーダイヤル 0120-180-185

FAX 022-388-1393

アクセス



【用語】ページ内のキーワードについて、ご案内いたします。

 

2019年問題:固定価格買取制度(改正FIT法)に基づく、余剰電力の買取価格48円/kWhの保証期間(電力会社の買取義務期間)が終了することによって生じる問題。「固定価格買取の終了後、余剰電力をどうするか」が課題となる。

 

FIT:固定価格買取(Feed-in Tariff)。太陽光発電に関わる文脈では、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(Feed-in Tariff Scheme for Renewable Energy)と、この制度によって保証される(買取企業に義務づけられる)「設置から10年間・買取価格48円/kWh」を指す。

 なお財源は電力消費者から電力会社に支払われる「再生エネルギー発電促進賦課金」(※2019年度は2.95円/購入電力1kWh[(買取費用 3兆5,833億円)-(回避可能費用等 1兆1,546億円)+(費用負担調整期間事務費)3.0億円/(販売電力8,237億kWh)])

 

◆  PV:太陽光発電(photovolteic system, photovoltaic power generating system)。ソーラー発電(Solar power generating system)とも。

 

◆  電力系統:電気を利用する利用者に届けるための、「発電」「変電」「送電」「配電」のすべてを含む電力システムのこと。太陽光発電に関わる文脈では、「自家発電による電力ではなく、電力会社から供給される電力」「電力会社が設置している電線≒外部への送電(売電)先」を指す。グリッド(grid)。

 

EV:電気自動車(electric vehicle)。バッテリーの電力でモーター駆動する。日産リーフ、三菱i-MiEVなど。

 

V2H:(vehicle to home)自動車と住宅の間で電力の相互供給をする技術やシステム。電気自動車(EV)、プラグインハイブリッドカー(PHV)、燃料電池車(FCV)などに蓄えられた電力を住宅で利用したり、太陽電池などの住宅用発電システムで自動車を充電したりすることを指す。ビークルツーホーム。

 電気自動車等に蓄えた電気の利用システムは他に、V2L(vehicle to load/電気製品に電力供給)、V2G(vehicle to grid/系統連携により系統電力の安定化に貢献)などがある。

 

再生可能エネルギー:「絶えず資源が補充されて枯渇することのないエネルギー」、「利用する以上の速度で自然に再生するエネルギー」という意味の用語。(例)太陽光、太陽熱、水力、風力、地熱、波力、温度差、バイオマスなど。対義語は「枯渇性エネルギー」(地下資源で、有限)。

 

[参考]

   Google各項目

   コトバンク各項目

   Wikipedia 固定価格買取制度 ほか各項目

   経済産業省 資源エネルギー庁 「再生可能エネルギー固定価格買取制度ガイドブック 2019年度版」

               FIT制度における2019年度以降の買取価格・賦課金単価等を決定しました
   ソフトバンク SBエナジー みるみるわかるEnergy

   セレクトラ 電気とガス-お役立ち情報

   三井ダイレクト損保 「HV」「EV」「PHV」「FCV」とは? いまさら聞けないエコカー用語

   Motor-Fan TECH EVから電力系統へ電気を供給 V2G(Vehicle to Grid)技術の実証実験がスタートする

   住友電工 SEIテクニカルレビュー185 “V2X”に対応した双方向充電ユニット (pdf)