V2H・V2L導入時の補助金

三創では、お客様のV2H・V2L導入時に使える補助金のご紹介と、補助金申請のお手伝いをいたします。


新年度の補助金について、詳細情報が分かり次第本サイトでご案内いたします。

三創がお手伝いしている補助金の関連省庁・団体へのリンクはこちらから


令和6年度の補助金状況
令和6年度・CEV補助金のV2H枠・V2L枠について、 公式サイト上で5月頃の詳細発表が予告されています。
令和6年度・仙台市V2H補助金 4月10日〜12月13日の募集期間(発注・施工前申請)で先着順に受付となり、

 予算がなくなった場合期間内でも募集が終了します。

令和6年度・宮城県補助金 公式サイト上で4月の詳細情報発表・5月下旬ごろの受付開始が予告されています。

* (県外)東京都補助金 令和6年度もV2H対象の補助金が予定されています。(詳しくは🔗公式サイト

《令和5年度の補助金状況》
令和5年度・CEV補助金のV2H、V2L対象の申請受付は2023年5月22日に終了しました。
令和5年度・DER補助金の「コンソーシアム枠」は2023年10月6日(金)で終了しました。

令和5年度・DER補助金「自由枠」の公募は 2023年12月22日(金)で終了しました。

仙台市V2H補助金は2024年1月31で終了しました。
宮城県補助金 10月2日〜10月16日の募集は応募率162%で、抽選実施となりました。

 12月4日〜12月15日の募集は応募率159.5%で、抽選実施となりました。

 ※ 繰上げ待ちの方対象の資料が🔗公式サイト上で公開されています。

* (県外)東京都補助金 令和5年度分のV2H対象V2L対象の公募は2024年3月29日で終了しました。


「V2H導入時」の補助金

V2H充放電設備とは

電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド自動車(PHV)への充電、EV・PHVから施設へ放電(給電)ができる装置です。(次世代自動車振興センター「次世代自動車について知る・V2H(Vehicle to Home)充放電設備」より)

《国(省庁)の補助金》

施行

機関

補助金の種類

対象者

募集期間等

DER補助金 個人・法人 令和6(2024)年実施なし 以前の情報は🔗こちら

CEV補助金

個人・法人 5月受付開始予定(※1)

《自治体の補助金》

 三創でお手伝いしております「宮城県」「仙台市」の補助金と、ご参考のため「東京都」の補助金の公式情報です。

自治体 補助金の種類

対象者

募集期間等

宮城県 スマートエネルギー住宅普及促進事業補助金(V2H) 個人・法人

4月公式情報発表予定 (※2)

仙台市 家庭向けV2H充放電設備設置費補助金 個人・法人 4月10日〜12月23日(※1)

東京都

戸建住宅におけるV2H普及促進事業 個人・法人

5月受付再開予定(※3)

(※1)補助金ごとに申請受付の最終的な終了日が設定されていますが、予算消化で受付終了が繰り上がる場合があります。

(※2)宮城県の補助金は、基準日(V2H引き渡し日)によって申請受付期間が異なります。申請が予算を上回った場合抽選となります。(→すまエネ公式ページへ

(※3)東京都の補助金は契約・設置それぞれの時期によって申し込みの流れが違います(→手続きの手引き


「V2L導入時」の補助金

V2L(外部給電器)とは

電気自動車・プラグインハイブリッド自動車・燃料電池自動車から電力を取り出す装置を指します。(次世代自動車振興センター「令和3年度 CEV補助金(外部給電器)のご案内」より)

施行

機関

補助金の種類

対象者

経産

CEV補助金

(外部給電器)

法人

令和6年3月現在、EV等の放充電に関わる設備で令和5年度補正 追加募集の対象となっているのは「充電設備」のみとなっております。V2H、V2Lについての申請受付は、現在の予定としては5月ごろが目処となっているようです。


随時相談会を開催しております

三創では設備導入時の補助金申請お手伝いのほか、補助金申請の「相談会」も開催しております。