エコショップイベントのご案内

みやぎ環境フェスタ(2019年1月12日土曜日、仙台メディアテーク)

ブース展示で参加しました。

 

ECOイベント

 

 

 みやぎ環境フェスタ

2019年 1月12日

@ 仙台メディアテーク1階 オープンスクエア

参加しました!

 

🍀🍀🍀

 

 ■ 米ぬかで作る堆肥作り(ぼかし肥づくり)

2018年 9月11日・26日

11月28日

開催いたしました。次回は……

 2019年 3月

詳細が決まりしだいお知らせいたします。

 

🍀🍀🍀

 

■ 電気自動車試乗会

@フーズガーデン玉浦 食彩館(岩沼市)

2018年 7月28日 開催いたしました。

 

🍀🍀🍀

 

■ 4/4 午後1時 エコショップオープン!

🎉しました🎊

 

販売エコ商品、エコイベントをどんどん充実していきます!

🌱米ぬかを使って堆肥(ぼかし肥)づくり🌱

 

9月11日(火)・26日(水) 11月28日(水)

  米ぬかを使って作る堆肥「ぼかし肥」の手作り会を実施しました。

💧雨水パッコン取り付け ワンポイントセミナー💧

 

6月13日(水)・7月11日(水) 14:00〜15:00

 屋根に降る雨水の利用に役に立つ、「雨水パッコン」の取り付け手順などの

 ワンポイントセミナーを実施しました。

チラシの写真は、使われなくなった「ミルクカン」に注ぎ口を取り付けた雨水タンクです。段差をつけて置くことで、複数個のタンクに貯水できます。

🐧ペンギンの家族みたいでかわいい♪

*「雨水利用」詳しくは👉こちら


🌿 エコショップブログ 🌿

みやぎ環境フェスタ

2019年1月12日 みやぎ環境フェスタ

 1月12日、3連休初日の土曜日に「『ダメだっちゃ温暖化』宮城県民会議フォーラム・地球のために、宮城から・宮城環境フェスタ」に参加いたしました。会場は青葉区春日町の「せんだいメディアテーク」一階オープンスクエア。館内に入るとすぐに見える屋内広場です。


 雨水利用の「パッコン」、貯水に使うタンクやペンギン型のリサイクルミルク缶、皆様のお庭のパネルの展示をいたしました。他のエコグッズも少しですが見ていただきたくて置きました💁

/どうぞ見ていってくださ〜い\

/パッコン動かしてみて〜\

気象庁さんのパンフレットに、激しい雨の回数が増えているグラフ。
10年前に雨水利用を始め、近年変わってると実感してました。

宮城農業高校さんのさくらしお作り体験しました。素敵なプロジェクトを実践してました。

せんだいシティエフエムさんに取材されました。
エコ好き全開でおしゃべりし過ぎたかも😅


 たくさんの方がブースに立ち寄り、パッコン実物をはじめ雨水利用の資材や、実例パネルなどを見て下さいました。ありがとうございました🙇

 みなさんのブースも興味深く、参加させていただき楽しい1日でした。

 ラジオの取材も受けました。🙇


 講演会のステージから近い位置だったので、ブースからも講演がよく聞こえました。あらためて、温暖化の怖さ(いろんな生き物が生き延びられなくなる)や、ちょっとでもブレーキをかけるためにできることなど、勉強させていただきました。

お隣のブース・仙台管区気象台の方からも、昨今の気候変動についてお話を聞くことができました。

平成30年12月施行(先月ですね)の気候変動適応法についてや、グラフにあるように最近よく起こる「ゲリラ豪雨」のしくみなど。


 気象台の反対隣は「宮城県」、実際に使われている間伐材製品のミニチュアが可愛いですね。気象台の向こう側は「宮城県農業高等学校 科学部復興チーム」。桜塩づくり体験をさせていただきました。濃いピンクがとてもきれいで、香りもいいんです!

 半日とても楽しく、そして勉強になりました。お世話になりました主催の皆様と他ブースの皆様、ブースに訪れてくださった皆様に、心よりお礼を申し上げます。

9月の「ぼかし肥づくり」

 エコショップイベント「米ぬかから作るぼかし肥づくり」、9月は11日(火)と26日(水)の2回実施いたしました。参加くださった皆様、ありがとうございました。

今までも、お花が大きくキレイに咲いてくれていましたが……

畑の緑も鮮やか、柿の実も例年より大きくて、エコショップ内でもEMの効き目を感じています。


次回の「米ぬかから作る『ぼかし肥料』づくり体験会」は、

11月28日(水) 13:00〜

開催いたします。

皆様のご参加をお待ちいたしております。

映画祭のご案内

以前にこちらでご案内した、映画「リーディング」上映会

来る10月6日、鑑賞のチャンスがもう一度巡ってきます。

以下、EMショップコモンズ様のFacebook記事より引用です。

 

【10月6日(土)リーデイング上映のお知らせ】
七ヶ浜町 国際村ホールを会場で上映いたします。
¥1,000 10:15〜11:51上映 http//www.emcommons.com
●エドガー・ケイシーが遺した膨大な治療の記録を辿りながら、病気の真の原因と治療法を探っていくドキュメンタリー作品。病気が前世の記憶(カルマ)にあるという。正食への切り替えや、ひまし油を肌に塗ることで難病やアトピーが改善するという。誰もが健康を阻害していると感じる現代社会に警鐘を鳴らす作品と言える。

午後の部は、みやぎ善循環の輪の集いin七ヶ浜に同映画チケットで参加できます。認定NPO法人地球環境共生ネットワークが主催。是非ご参加ください。

つながるつながる・2018年夏の巻

【つながるその1】

「👒kikiさん、『仙台市環境学習館 たまきさん』に行く」

「🚩三創の旗が立った〜!」

いきなりの脱線ですが、「地下鉄東西線・青葉山駅を降りたら東北大学の敷地で

敷地内にたまきさんサロン」と知っていても。

その敷地というのがとんでもなく広いのです。

迷いました。

上から見ると、かなり近くにあるんですが、慣れてないと大変。

直線距離は近くても、ぐる〜っと遠回りで入る必要があったり。

 

本題に戻りまして、

このたまきさんサロンで8/17に、仙台市の行事

「エネルギー実験室」があり、推進委員としての協力参加です。

小学生から大人まで、手作りの釣り堀でゲームをしながら

「省エネ」について学ぶ活動イベントでした。

さて、この「たまきさんサロン」に

この夏、別ルートからまたご縁がありまして、

 

「仙台市環境Webサイトたまきさん」

「伊達な節電所キャンペーン」のトップページに

三創の、のぼり旗が立ちました。

「創エネ」の「創」がついています。

三創の「創」と合っていて、いい感じ!

 

これから、どんどんと他の旗も増えていくと

思われ、いろんな方に見てもらえる!

いろんな方の旗も見られる!

つまり、つながっていける!」とっても楽しみです。

【つながるその2】

「☔️三創さん、『雨水ネットワーク東北』に入る」

 

早いもので、もう二ヶ月近く前になってしまいましたが、

6月28日(土)、尚絅学院大学主催の「環境マルシェ」に参加してまいりました。

当日はエコショップで取り組む様々な「エコ」について紹介、販売などをいたしました。

雨水利用についてもパッコン取り付け体験、雨水利用実例紹介などのコーナーを設けました。

 

ここにいらしたお客様に、「雨水ネットワーク東北」の代表の方が……

それがご縁になりまして、三創は「雨水ネットワーク東北」に入会いたしました。

 

せっかくなのでこれにも出たかったのですが……

すでに予定があり、参加は叶わなそうです。残念……

ですが、今後活動をご一緒しつつ、ご縁を広げていきたいと考えています。

🌳「寄らば大樹の陰」ではないですが…

既存のネットワークや団体さんとご縁ができると、新しく学ぶことや

広報のアイディアもどんどん増えていきますね。

ぜひぜひ、今後に生かしたいです。

「環境マルシェ」に参加しました!

 6月24日(日)、尚絅学院大学環境構想学科主催「第3回 きて みて さわって たのしめる 『環境マルシェ』」に参加してまいりました。今回、初参加です!

 

 今年第3回の共通テーマは「資源」とのことで、エコショップとしてはぜひ「何かしたい!」ですね。

 

 会場はサンモール一番町商店街の南側、青葉通りから南町通りの区画で、三創がいただいたのは文化横丁との辻付近。

 

設営時は、会場について初めてわかることもあって少々悩むこともあり、現場で思いついて作るものなどもあり…色々ありましたが、スタッフの学生さんにも色々とお手伝いをいただいて準備を進めました。


 事前資料や打ち合わせで「どんな大きさのものを、いくつ借りているのか」はわかっていても、実際見るまでは具体的にイメージするのは難しい。準備してるしイメトレもしてきたのに〜。

 ぐるっと三創ブース。

 参加メンバー+スタッフさんでがんばった甲斐あって、展示開始の午前10時をちょこっと回ったものの、なんとかショップオープンできました!

お隣さんブースは、「尚絅学院大学ピカボード愛好会」さんと、

「みやぎ環境とくらしネットワーク」(MELON)さん。

尚絅学院大学 環境構想学科「繊維廃材を活用~帯から作った照明


 設営を手伝ってくださったスタッフさんに、雨どい切断+パッコン設置の体験もしていただきました。最初は「のこぎりは使ったことがなくて…」ということでしたが、すぐに慣れてキレイに切り取り、パッコン設置までばっちりできました✌️

 

 繊維再利用の研究をされている先生が布わらじを見に来てくださったり、カンボジアでの水利用を研究中という高校生さんが「雨水利用パッコン」を見に来てくださったり、雨水ネットワークについてのお話を聞けたりと、たくさんの方とブースを超えて交流することができ、ショップ売上以上に大きな収穫がありました!

 

 「コラボ商品」も誕生しました。

 高校生パネル展示で参加の柴田農林高校さんの「ナラ枯れ材」を活用した木炭と、エコショップで扱っているコーヒー麻袋を使って「靴箱用脱臭袋」を作り、先生の許可もいただいて販売。

 今後は、他のタイプの古布も使って用途を広げたりもできそうです。

 

 害虫をやっつけるだけでなく、付加価値をつける〜というアイディアを、高校生が出してるってすごい。もしもだけど、のちのちお店がコラボできたら…と、三創ブース内で話していました。


 高校生パネル展示の記念撮影。ショップの前で「お疲れさまでした〜、受賞おめでとう〜」と拍手をして、マルシェももうすぐ閉店のお時間です。

 「パッコン」を見に来てくださった高校生さんのブースも、木炭を売っていた(のは、研究のほんの一部ですよ!)高校生さんのブースも受賞。こういうのはなんだか嬉しいですね…。

 イベントは出会いと発展の機会。当然のことかもしれませんが、今回また認識をあらたにさせられました。


 最後に、イベント参加を快く迎えてくださり、ご指導をくださった尚絅学院大学環境構想学科の鳥羽先生、本当にありがとうございました。ブース担当としてお手伝いくださった学生さん、ショップでお買い物やお話をしてくださったみなさまにも心より感謝を申し上げます。